So-net無料ブログ作成
検索選択

スペイン セビリア Sevilla Seviglia [スペイン]

スペインのアンダルシア州の州都で、セビリア県の県都
スペイン南部の政治、経済、文化の中心地であり、観光都市

★セビリア大聖堂
大聖堂の塔から町を一望、遠くに見えるのは闘牛場

★ヒラルダ(風見鶏)の塔(1982年世界遺産登録)
12世紀に建てられたモスクを転用したもので、1401年着工、約120年の歳月を経て16世紀に完成した
世界三大カテドラルの一つで、コロンブスの墓がある
中庭のオレンジがいかにもセビリア
注)1位はローマのサン・ピエトロ大聖堂、2位はロンドンのセント・ポール大聖堂で、3位であるが、トレド大聖堂もスペイン最大を主張しているそうです。

★スペイン広場 Plaza de España
1929年にセビリアで開催された万国博覧会《イベロ・アメリカ博覧会》の会場施設として造られた
建物の壁に彩色豊かなタイルがはめ込まれている
映画《アラビアのロレンス》英軍の本部として使用された建物

※写真をクリックすると拡大します(1974.1.3ー5)
sevilla10.jpgsevilla8.jpgsevilla6.jpgsevilla12.jpgsevilla16.jpg
sevilla15.jpgsevilla14.jpgsevilla_1.jpgsevilla_3.jpgsevilla_2.jpg
sevilla13.jpgsevilla9.jpgsevilla7.jpgsevilla5.jpgsevilla_4.jpg

 セビリアで一番印象的だったのは、オレンジの街路樹です。冬でしたので、たくさん実が成っていました。上の1段目右端の写真は、セビリア大聖堂の中庭、オレンジの木が、整然と並んでいます。この大聖堂は、世界で3番目か4番目大きいんだそうです。1番は、もちろんローマのサン・ピエトロ、2番は、ロンドンのセント・ポール、3番がこのセビリアの大聖堂だそうですが、同じスペインのトレドの大聖堂の方が大きいという説もあるそうです。
 大聖堂の塔に登って見下すとオレンジの中庭が見えますし、セビリアの町も一望できます。闘牛場なんかも見えますし、四方八方、町を眺めていたら、後にピッタリくっついてきたおじさんがいます。別に混んでたわけではありませんから、明らかに意図的ですわ。ここだけの経験で言うのもなんですが、スペインって痴漢とストーカーが普通にそのへんにいるのではないかと思いました。だって、ほんの数日の旅行で両方に出会いましたから。ストーカーはマドリードでなんですけど、ずーっと後をついて来るんで閉口しました。「なによぉ、気味悪いよぉ」程度で、両方とも全然怖い感じではないんですけどね。イタリア人の場合は、必ず声をかけてきますが、スペイン人はだまってくっついてくるんだな....お国柄かな.....なぁんて思いました。
 あとは、スペイン広場の写真だけですが、スペイン広場ってローマにもマドリードにもバルセロナにもあるんですね。このスペイン広場の建物は、映画《アラビアのロレンス》英軍の本部として使われているそうです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。